*

困難に立ち向かう

特定調停という手段も任意整理による処理と似ていてそれぞれの債権者への返金を行っていくことを前もって決めた借金を整理する手順のことをいいます。

 

わかりやすくいうならば裁判所が間に入る債務の整理となります。

 

任意整理による解決とほぼ同じく破産と異なり一部の借金のみをまとめていくことになるので、他の保証人が付いている借入以外だけで検討する場合や自動車ローンの分を除いて手続きする際などにおいてでも申請することも可能ですし築き上げてきた財産を手放してしまう必要がありませんのでクルマや不動産などの自分の資産を所有しているものの、手放したくない状況でも活用できる債務整理の方法になります。

 

いっぽうで、これから返済する額と現実の手取り額を検討しておおむね返済が見通せるのであれば特定調停による処理を進めることが可能ですが自己破産と違い返済義務が消滅してしまうという意味ではありませんのでお金の量がかなりになる状況では、この方法で選択肢を選ぶのは困難であるといえるでしょう。

コマユウダイアリー

いっぽう、この解決策の場合は裁判所という機関が介入することになりますので弁護士などのプロにゆだねなくてもリスクが増えるようなことはないということとか解決のための諸経費を削減できるという点は良いのですが債権者それぞれのきびしい催促に処理していくことになる点とか所定の裁判所に幾度も顔を出す手間を要するなどといった要素もあります。

 

くわえて、任意による整理との比較点ですが最終的に和解が成立しない場合は金利をそのままの形で支払っていかないといけないといったことや最終的には貸し手に対し返済していく総額が任意整理による解決に対して割が合わない傾向がみられる等の注意点もあります。

 



コメントする