*

おじいちゃんの髭剃りで流血

まだ思春期になりたてでムダ毛が気になりだした頃のことです。ワキに生えてきた気が気になりましたが、私は成長が早かったので友達にどう処理するか相談できずどうしたらいいか悩んでいました。そこで目についたのがおじいちゃんのカミソリです。それは、よく床屋さんが使う柄の長い、昔ながらの安全ガードのついていないタイプのひげそりでした。お風呂場でこっそり処理をと思いカミソリを持ち込みました。ゆっくり丁寧にそーっとそーっと剃っていきます。が、やっぱりやってしまいました。ワキに鋭い痛みが走ったと同時に、一文字にスパッと切れて血が吹き出しました。もうその時はムダ毛処理どころではなくなり、あわてて止血して救急手当をしました。しばらく傷口がジンジンと痛んで仕方なかったです。その後はガードの着いている安全カミソリを買ってきて処理するようになりました。でも、やっぱりカミソリは肌に負担をかけるようで段々ワキが黒ずんでいき悲惨でした。 梅田全身脱毛ランキング.xyz


コメントする