*

買いポジションを増やす

普通の初心者向けの外国為替証拠金取引の本では、「損が生まれた場合はナンピンを入れることによって、ポジションの買い付け価格を低くする」と助言されていたりする事もありますが、これは相当大きなリスクが待っています。

 

まずはじめに、ナンピンの原理に関して分かりやすく説明しておきます。

 

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

ドル買いですので円安ドル高に動くほど黒字が出るわけですが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高ドル安に推移したとします。

 

この場合ポジションを維持し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分、円安ドル高に向う必要があります。

 

誰もがみんな、損失は早めに無くしたいと願うでしょう。

 

このためはじめに売り買いしたのと同じ額の$(ドル)を、買い増します。

 

そうしたら、全体の買い付けコストは1ドル=97.50円まで下げることができますつまり、2円50銭の幅で円安が進むと、赤字を回復できます。

 

それが、ナンピンの仕組みです。

 

こういうふうに、ナンピン買いのやり方を知ると「その通り」という気分になるが、相場はそう簡単に思い通りにはいきません。

 

もとより、1ドル95円が下値だということなどなんびとも分かるわけがありません。

 

外国為替市場が相当のドル安動向だとすれば、1ドル=95円では収まることなくよりドル安が加速する確率が高くなります。

 

仮定として、97.50円でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピンしたポジションにも、差損が生じます。

 

それでは、最初に売買したドルとトータルで倍の為替差損を被ることになる。

 

この例のように、ナンピン買いは難しいです。

 

であるなら、市場があなたのシナリオとは逆にどんどん進んでしまった場合、いかなる術で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

 

こういう状態で選ぶべき手段は2つしかありません。

 

ひとつめは潔くあきらめて、損切りをすること。

 

別の方法としては、今、持っているポジションを減らす事で再びマーケットが回復するのをひたすら待つ事です。

 

相当後ろ向きなやり方だと考える人もいると思います。

 

けれども、ポジションに損失が出た場合最も効果のある対策はこれ以上のものは期待できない。

自分ニュース

当然、理屈の上ではナンピンを入れるという手段もあるように思える。

けれどもナンピンは、あなたが損をしている状態でポジションを小さくするどころか、買いポジションを増やしていく手段です。

これでは、危機を削減することなど、無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれない。

だけど、そうなる先に投資資金はマイナスになってしまいます。

 



コメントする