*

債務整理のメリット

任意整理とは一般的に債務の整理というふうに言われていて各貸し手に対しての支払いを行っていくことを選ぶ債務を整理する方法です。

 

その手続きですが、司法書士有資格者あるいは弁護士有資格者債権を有する者と債務者との中に入って話し合い、法律に従って適切な利息計算を行って再計算した借りたお金の元金についての借入利息をカットしたことで36か月ほどの期間で返済する借金整理対策です。

 

この任意整理にはいわゆる裁判所等をはじめとする公の機関が関係することはないため他の方策と比べても、利用した際におけるデメリットとなる点がほとんどなく、過程そのものも依頼者にとってほとんど重荷になることがないので、真っ先に比較検討してほしい対策だといえます。

 

くわえて、貸し手がヤミ金といったような大変高額な金利だったら利息制限法で決まっている金利などに加えて支払った利息分においては借入元金に充てるとみなされもととなる元金自体を減らすことだってできます。

 

消費者金融みたいなとても高額な年利を取るところへ何年も返済している例では期待以上の金利分を免除できるようなこともありますし10年くらい返してきたケースでは元金自体が消化されてしまうようなこともあります。

 

債務整理のメリットについてですが、自己破産と異なりある部分だけの負債のみを整理することが可能なため、連帯保証人が付いている負債額を除き整理をしていく際や住宅ローン以外だけを整理をする際等においても検討することが可能ですし、財産を手放してしまう必要がないので、自動車や不動産などの自分名義の資産を持っているけれど、手放してしまいたくない場合においても有効な債務整理の手順といえるでしょう。

 

ただし、手続きを取った後の返済額と実際に可能な手取り額を検討し、適度に返済の目処が立てられるのであればこの手続きを進めていくことは可能ですが、破産と異なり返済義務自体が消滅するということではないため、元金の合計が大きい場合においては、任意整理で手続きを進めることは困難であると考えるのが無難でしょう。

元宮司のつぶやき



コメントする